スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

レベッカMAYBE TOMORROW




REBECCAレベッカ

バンド名は、ケイト・D・ウィギンの小説『黒い瞳の少女レベッカ(原題「Rebecca of Sunnybrook Farm」)』から、

リーダーであったギターの木暮武彦が命名した。

1984年4月21日、シングル「ウェラム・ボートクラブ」でデビュー。

デビュー当初はロック色の強い曲調であった。

1985年1月、音楽的方向性の違いから、リーダーでギターの木暮と

ドラムスの小沼達也が脱退(後に2人はRED WARRIORSを結成)。

以降、キーボードの土橋安騎夫がリーダーとなり、

ボーカルNOKKOの魅力を前面に押し出すポップな曲調に変化。

また、このとき加入したドラマーの小田原豊は、加入の条件として「売れなければいやだ」の旨の発言をしたという[要出典]。

1985年発売の4thシングル「フレンズ」が大ヒット、

同年発売の4thオリジナルアルバム『REBECCA IV ?Maybe Tomorrow?』が、

当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーとなる。

NOKKOのパワフルかつキュートなボーカルとダンスが注目を集め、

当時のアマチュアバンドはこぞってレベッカをコピーしていた。

また、女性ボーカルに男性楽器担当という構成は、後にLINDBERG、JUDY AND MARYなどの多数のフォロワーを生んだ。

1991年2月に解散したが、シングル曲「フレンズ」のリミックスバージョンが

1999年放送のフジテレビ系ドラマ『リップスティック』の主題歌に起用されたことをきっかけに、翌2000年に再結成された。

♪ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典引用

レベッカのMAYBE TOMORROW

マジで名曲です。

涙が。。。


レベッカ4~メイビー・トゥモロー~

スポンサーサイト
2009年09月27日 | レベッカ

最新記事

カテゴリ

バラード・ラブソング特選動画

バラード・ラブソング動画集

プロフィール

バラード・ラブソング特選!動画倉庫集!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。